地域歯科医療連携室

西部地域歯科医療連携室について

鳥取県西部歯科医師会会長
田本寛光

超高齢社会を迎えた本県ですが、高齢になっても元気で過ごすためには、「口から食べること」は欠かせません。従来の歯科医療は、患者様が歯科診療所に直接来院することを前提にした「治す医療」がほとんどでしたが、地域に出掛けて行き、口腔機能の回復、摂食嚥下に関わるものまで「治し支える医療」も求められています。

このような求めに対応するには、在宅歯科医療を推進し、多職種連携、医科歯科連携を充実普及させる必要があります。

そのため、鳥取県西部歯科医師会では、西部歯科保健センターに、在宅歯科医療や医科歯科連携のための地域歯科医療連携室を設置しています。

そして、今回、地域医療介護総合確保基金事業を活用し、地域歯科医療連携室に専任の歯科衛生士が勤務できることになりました。

病院、施設、在宅等で歯科治療が必要な方や口から食べることで何かお困りの方は、当連携室に電話、ファクシミリ等で連絡して頂ければ、専任歯科衛生士が御家族の方をはじめ、ケアマネジャーや施設の相談員の方と連絡を密にとり、直接お伺いし、御本人の口の中を診て、口腔ケアや摂食嚥下指導の必要性、むし歯、歯周病、義歯などの歯科治療の必要性などについて相談をお受けします。

もし、治療が必要であれば歯科医を紹介するところまで致します。

今後、ホームページ内にお口のこと、摂食嚥下のトラブルなど様々な情報を掲載し、住民、関係者の皆様方に御意見を頂きながら、鳥取県西部地域の歯科保健の向上を図っていくつもりです。

 

 

地域歯科医療連携室について

地域歯科医療連携室は  要介護者の方の「お口の困りごと」 ワンストップ窓口

 

地域歯科医療連携室(厚労省)

  1. 医科・介護との連携窓口
  2. 在宅歯科医療希望者等の窓口
  3. 在宅歯科医療や口腔ケア指導等実施歯科診療所の紹介
  4. 在宅歯科医療に関する広報
  5. 在宅歯科医療機器の貸し出し

 

 

連携室の役割3本柱

連携室の役割3本柱